about

サイトで扱わない類の琴線に触れたものについて記していきます。
何か連絡がある方は下記まで。
e-mail : contact [at] mail.instantforever.net

2016年6月21日

マウスコンピューターのP660X2にWindows10を導入する

PM45 Expressチップセットを載せたP660は、2009年発売のノートパソコン。
販売はマウスコンピューターだが、MSIのOEMだと思われる。

私がP660X2を買ったのはちょうどWindows7が発売されるタイミングだった。
標準状態ではVistaだが、アップグレード権があったため7に変更した。

ゲフォの9800GM S搭載を謳っていたがグラフィック性能は当時にしてもそんなに高くはない。
ただし、腐らせておくにはもったいないそこそこのスペックである。

その上、Microsoftの推しているWindows10への無料アップグレード権は2016年7月までの受付となっている。
せっかくなのでWindows7になっているこのP660をWindows10にしてしまおうという訳だ。

それに際し一部の部品交換もはかることにした。

HDDは元々SATA接続で500GBほど容量のあるWD5000BEVTを搭載していた。
こちらをアクセス速度向上のためにSSDに変更する。

Crucialの500GBのSSD、CT500MX200SSD1だ。
MLCの製品の中ではコストパフォーマンスに優れ、耐用年数もそこそこある。
SATA3対応の製品ながら、
チップセットの関係でSATA2での接続となったため持ち前のスペックを完全に活用できているとは言い難い。
しかし実用上申し分ない性能である。


次にメモリを交換する。
もとは2GBが二枚挿しされていた。
チップセット自体はDDR3-SODIMM対応だが、スロットはDDR2-SODIMMしか搭載しておらず、最大8GBまで。
ちょっとお値段は張るが、4GBのメモリを二枚用意した。

Win8以降はグラフィカルなエクスペリエンススコアを表示する方法がないので、
WinSATで取得したデータをビジュアル化してくれるサイトを利用するとこんな感じである。



なかなか良いのではないだろうか

さらにバッテリーも7年もノーメンテナンスでいると充放電がままならないことになっている。
MSIのノートパソコン向けバッテリー、 BTY-M66 と互換性のある
上記と交換した。
バッテリーセルだけ交換してくれるようなサービスもあるが、
調べたところ、この商品を取り扱っている
「シルバーセンタージャパン有限会社」には定評があるようなのでそれを信じる。

後はドライバをマウスコンピューター公式サイトからDLしてきてインストールするだけだ。
Windows10向けのものは用意されていないが、Windows7のものを使うことで割とどうにかなる。

普段使いのAndroidをSHARPではなくNextbitのRobinに変更したところこれがスンバラスィ。

2015年1月3日

UQ mobile の即時開通ができる店舗で契約してみた

結論から書くと、
とても開通までがはやい
すばらしい。

http://www.uqmobile.jp/about/shoplist/
※要は最寄りのお店をここから探せばよい、なかったらWebで契約



UQ mobileはUQ wimaxと似た名前にされたがために、エリアが狭そうとかの誤解をうけがち。

しかしてその実態は、au のLTE網エリアでならどこでも使えるKDDIの純子会社の運営するMVNO事業者である。

まだ客の少ない今のうちならインターネットを快適に楽しめる、素敵。

そんなわけで早速ヨドバシカメラ新宿西口本店に足を運んだのだ

即時開通とくれば専用のカウンターが用意されているに違いない!
目立つ位置にあるNexus6 やXperia Z3 conpactを通りすぎて店内の奥に向かう。

が、ない。

AscendとかZenfoneとかのコーナー、あるいは各種MVNOのいわゆる格安SIMのコーナーはあるが、それは壁掛け式の札が陳列されているに過ぎず、「UQ mobileを即時開通させます」的な踊り文句など一切ない

自力で探すのはすぐに諦めた。

キャッシャーかかりつけの店員さんに「UQ mobileすぐに発行できるってサイトで見たんですけど窓口ありませんよね?」とお尋ねすると、

イケメン店員さん「僕でイケますよ!
キャリアのロゴのついたブルゾンなどを身にまとっていない、純ヨドバシカメラ店員らしき好青年だった。

そう、
専門の販売スタッフはいなかった。
※いや彼が専門だったのかもしれないが、まったくそれとは分からないのである。

とりあえず空いているという理由でソフトバンクの携帯コーナーのカウンターを間借りする。
(au系列の商品なんですけど、商売敵なんですけど!)

一通り契約に関する重要事項の説明を受けていざ本契約へ。

そして本当に簡素な、必要な情報だけを書かせる紙を渡された。



複写? そんなものねえ!

ペーパーレス化といって最近はお高い電子機器を導入しまくってサインまで電子化しているソフトバンクやauとは全く異なるスタイル。
書類の必要事項を書き込んで、店員さんがUQ mobileにFAXして開通するまでものの十数分。

イケメン店員さん「これでお間違いないですね!」
と、呈示される申し込み内容の確認書。



なんというシンプルさでしょう、余計な情報がないのでスッと内容が沁みてこれは・・・

と、問題がないことを確かめたらレジで3,000円弱支払ってもうSIMが使えるようになった。
店に到着してから正味30分。
Webで契約したら何日もかかるので即時発行できるお店に足を運ぶのは結構よいと思う。

問題は、
どこがその窓口かまったく分からないところ。
正直ノボリでもたてておいてほしい。



Firefox OS 搭載、LG製端末 Fx0。これにUQ mobileのSIM を挿してちょっと高機能なモバイルルーターとして楽しむ環境が整ってほくほくである。



さて、以下完全に余談。

UQ mobileを量販店で即時契約したなんていう、時季外れな上になんでもないことを久々にエントリしているのにはちょっと思うところがあったためだ。



UQ mobile と似たような立ち位置に、これまたau の卸す回線に乗り入れているMVNO、mineoがある。

ドコモのMVNOはIIJmio, b-mobile, その他と数多くあれど、au の回線のMVNOはmineo が参入するまではユーザーが気軽に利用できるようなものはなかった。そのためmineoが参入を発表してからauユーザーがこぞって申し込んだ。そのときに潜在顧客がほとんど掘り起こされてしまい、後発となったUQ mobileに移ろうという方が少なかったのではないだろうか。
※うん、さらなる余談になるけど昔タイガース携帯とかJALマイルフォンとかあってんねん。ソフバンのディズニーモバイルのようなもんや

mineoは SIMカードを3種用意している。
通常, micro, nanoサイズ。
対してUQ mobile はmicroカードしか提供していない。

mineoは音声通話だろうがデータのみだろうが契約に年縛り=違約金を用意している。
対してUQ mobile はデータだけならいつでも解約できる。

こんな特徴の違いがあるのに、UQ mobileがそんなに注目されていない空気感があるのだ。
まぁmineoの縛りがあるから移動したくてもできないとかはあるかもしれないが。

あと邪推じみた話になるが
①iOS8の端末では現在au系列のMVNOが使えない
②microSIMしかないのでそもそもアッポゥが選択肢に入らない
③Appleの宣伝にならない=紙面の賑やかしにならないからボツ
とかなんとかでも注目されてないんじゃなかろうかと思った。

IT系のライターさんとかガジェットブログでmineoの契約方法についてはよく記事になってた。
対してUQ mobileの契約方法はあまり、というかほとんど記事になってない。

なってないからとりあえず書き散らした。
※本職さんがもっと良い記事書いてくださるのをお待ちしております。

提督ゥー、近日中に艦隊これくしょんのアニメが始まるヨー
録画予約するネー!

2013年11月8日

複数の端末で認証アプリの二段階認証を行う方法

※本題はもうちょっと下なので前置きは読み飛ばしてもよかとですたい。

2段階認証 とは

とか改めて書くようなものではないですが。
自分の持ってる携帯電話番号とか特定のメールアドレスでしか受信できないコードを使って自己証明するので、セキュリティ対策としてはそれなりに効果がある、ってのはご存じの方が多いかと思います。要は銀行口座のトークン認証みたいなもんです。

で、Googleは結構前からこのサービスに対応していたんですが、いかんせん日本の携帯キャリアに対応してない時期が長く、個人的に長らく寝かせてたら忘れた頃に対応して半年ぐらい経ってました。

とりあえずこの二段階認証だとか二重認証だとかをやっておくと余程暇で悪意のある頑張り屋さんがいない限りはそうそうアカウント乗っ取られたりすることはありません。ただ、ウェブサービスのアカウントを何個も作ってると管理が面倒です。そいで都度メールだとか電話でコードを受け取ると蝶メンドーッ! デス。

もうちょっと手軽にするための方法があります。 Evernote や Dropbox  や Yahoo!JAPAN や Microsoft などはGoogleに倣ってシステム導入しているのでGoogle謹製認証アプリの Android版 や iOS版 がそのまま使えまして、一所で管理できて便利です。FacebookはGoogleの認証アプリが使えるだけでなく、認証済みのFacebookアプリそのものが認証用アプリの機能を果たすのでこれまた便利です。

ちなみにSEGA IDなんかはSecureOTPなるものを使えと指定されるので使えません。

で、こっから本題。


2段階認証アプリは端末ひとつだけで有効なのか?

結論から書くと、複数の端末でまったく同じQRコード、あるいは同じ代替キーの手動入力をすることによって使えます。
※2段階認証の標準の登録方法とかは他所様のが詳しいので割愛します
※WordPressについては私がユーザーではないのでこれまた割愛します

なんでこんな疑問を持ってわざわざ実地検証したかというと、この画像をご覧ください。

上の画像はGoogleの2段階認証を実際に進めようとしたところですが、「アカウントは1つの認証システムアプリしか設定できません。」とわざわざ注釈がつけてあります。
AndrodでもiPhoneでもBlackBerryでもなんでもいいので次へを押して進むと、読み取り用のQRコードが表示されます。
※どれ選ぼうが同じように読み取れるコードが出力されます。

で、このQRコードですが、一回こっきり端末ひとつにしか使えない訳ではないです。2台同時に処理することも可能。

というのも特定の文字列に大して時間経過に従って別のコードを出力するという仕組みのため、その「特定の文字列」さえ同じなら当たり前のように同じコードが出力されます。同時に異なるデバイス、OSすらまたがって複数の認証アプリを有効にすることができます。

極端な話、このQRコードなり手動キーなりを画像とかで保存しとけばいつでも認証アプリに読み込ませてやることができますが、そうしてしまうとパスワードを紙に書いて管理しているレベルまでセキュリティの意味が薄くなるので、手持ちの認証アプリを有効化しておきたい端末何台かを同時に登録すればよいのではないかと。

コードが必要となる度にスマホを用意するのではなく、たまにはタブレットで認証を行ってもいい。自由とはそういうものではないでしょうか。

ちなみにGoogleとEvernoteとYahoo! JAPANとMicrosoftはこのQRコード画面を表示するためには一度2段階認証を無効化する必要があるため、表示する度に違うQRコードになります。再登録する場合、有効化したい台数分全部やる必要があります
それを避けようと思ったら上で書いた通りQRコード、あるいは手動入力キー自体を保存しておくしかありません。

一方で、Dropboxは2段階認証を無効化しない限りはいつでも同じQRコードが表示されますので、何台か端末を持っていて1台機種変更とかになったらその1台だけを再度有効化すればよくなっています。それはそれでリスクがある気がしないでもないです。



そんなことより
シンフォギアGの後でしばらく経ってからまどマギ新編見に行ったらですよ?
なぜそこで愛ッ!?
合縁奇縁ならぬ愛縁消えんとか思ったり
そしてシンフォギアライヴ2013は当選したので12月14日は絶唱聴いてくるトカ
2012のチケット当たらなかったのが今でも悔しい

2013年5月29日

box.comを日本語化する方法

box.com とは、とか改めて書くまでもなく利便性の高いウェブストレージサービスということはご存じの方が多いかと思います。
いつぞや名前が「box.net」 → 「box.com」と変わったので net のほうで覚えている場合も多いんじゃないかと。

個人的には魚拓とっておきたいなぁというウェブサイトをmht形式で手動保存してアップロードする倉庫みたいな感じで使っていますが、以前書いた記事 のように無料アカウントでもコンピュータにマウントしたドライブのように使うDropbox ライクな使い方ができるようになっていますので便利ぃなサービスに違いはありません。恒久容量 50GBキャンペーンとかもやってましたし。

そんな box.com ですが、当サイトの検索キーワードで「box com net 日本語」みたいなのが割と頻繁に飛んでくるのでとりあえずそれに応える記事を書いて置こうと思いました。

ので長い前置きおいといて以下本文。


https://www.box.com/settings
上記にアクセスして「General」タブをクリックして「language」を日本語にするだけ。
ね? 簡単でしょ?




そんなことよりプロデューサーさん、Surface Proですよ、Surface Pro!
いやぁ日本でも発売になりましたねぇ。
ThinkPad Tablet 2 がとっても使い勝手いいので個人的にはHaswell待ちですが。

2013年2月14日

SugarSync2.0を以前のverに戻す方法

SugarSync とは、手元のコンピューターにある任意のファイルやフォルダを複数のコンピュータ間で同期し、ついでにウェブ上にも保存できるソフトウェア、サービスのひとつ。
2013/02/14にはこれがアップデートされ、より使いやすい(と主張されている)インターフェースに変わりました。

こんな具合に。(画像はPCの最新デスクトップ版アプリ)

Windows, Mac OS X, Android, iOS, Webなど環境を選ばずに使えるため、写真共有やら備忘録の逐次更新やらゲームのセーブデータ同期やら色々な用途で活躍します。
ついでに、ファイルを編集しても差分をとっておいてくれるのでうっかり上書きして取り返しがつかなくなることを防ぐこともできます。最近はOSにも標準でこういう機能がついているのでそこまで重要でもないかもしれませんが。
ちなみに、同期せずにWeb上にファイルを預けておくだけ、という使い方も。

※似たようなサービスに Dropbox や、Skydrive、Google Drive、Box.com、その他にも探すとかなりある


異なるプラットフォーム間でもほぼ同一の体験ができるようにデザイン統一されたSugarSync2.0。
よりよいものにしようという努力は素直に評価できるでしょう。

が。

機能削減してるのはどうなのだろう、と思わざるをえなかったのがこちら、
公式Webサービスでの連絡先機能。

①今の


なぜか、下記画像の以前のバージョンにはあった、「連絡先をまとめて削除する機能」がありません。
いや、あるのかもしれませんが、どこにあるのかさっぱり。

②前の



正直、困ります。
そうでなくても、新しいものより古い方が使いやすい、という考えの持ち主も多いかと思われますし。

なので、

webのSugarSync2.0を以前のver、SugarSync1.0に戻します。

以下フロー。
下のリンクをクリックすると、画像のようなページに遷移するので、「切り替え」を押す。
https://www.sugarsync.jp/ss/sso.do?dest=%2Fmyaccount

すると、アンケートと共に「本当に戻すけどいいの?」的なメッセージが出るので躊躇わずに実行。

これで、以前のSugarSync1.0とでも言える形態を取り戻すことができました。
ちなみに、SugarSync1.0の状態から同じプロセスを辿ることで、更にSugarSync2.0に戻せます。
仔細は以下の本家公式の説明が詳しいです。
https://sugarsync.custhelp.com/app/answers/detail/a_id/623


ちなみに、WebでのSugarSync2.0こそちょっと微妙だと思いましたが、
コンピュータ向けのほうは結構頑張っていてこんな機能がつきました。
Sドライブ。
(おい、ドライブレター勝手に予約すんな!)
この「SugarSyncドライブ」は、SugarSyncで同期しているファイルやフォルダをネットワークドライブとしてマウントしているかのように見せかける機能です。
※実際にはローカルにデータを保存しているような挙動。詳細分かったら誰か教えてください。

  • 「ブリーフケース」と呼ばれる中身をすべてSugarSyncと同期する特殊フォルダ。
  • 手動で同期指定したフォルダやファイル。

上記二点がこのSドライブの中に配置されました。
よりファイルへのアクセスがしやすくなったのではないでしょうか。



SugarSyncのアイコンは今の飛んでる奴より、ちょこんとした横顔のほうが可愛かったと思うの。

2012年10月25日

Amazon.comとco.jpのKindleアカウント結合について

本エントリのトピックは2つです。
  1. 日米Amazon双方で購入したkindleの引き継ぎについて
  2. 本当にアマゾン日米アカウント結合後「Amazon.comからは書籍が購入できない」のか


Amazon.co.jpでもKindleストアがオープンいたしました。
つきましては米尼こと


Amazon.comで購入した書籍を
アマゾン日本法人のアカウントとひも付けしたい


なんて思ったりします。

公式によるアカウント結合に関する説明はこちら。
http://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html/ref=hp_rel_topic?nodeId=201049300


いちいち異なるアカウントでログインし直したくないですからね。
この作業を行えば今まで買った洋書も今から買う日本の書籍も同じアカウントで閲覧できます。
※ただしAmazon.co.jpで買ったkindleの書籍は2012/10/25現在kindle cloud readerでの閲覧不可
※Windows8のModern UI用のkindleアプリも日本アカではログイン不可で日本書籍閲覧不可



ちなみに
この作業を行うと後述の別種の面倒さ
を生み出すことになりますのでご注意ください。






ではフロー確認。
以下アドレスから「詳しくはこちら」をクリックします
https://www.amazon.co.jp/gp/digital/fiona/manage#cor
手続きに関する説明があって、カスタマーサービスにご連絡するように指示がでます。
※Amazon.comで同じページを開くとカスタマーサービスに連絡しなくてもクリック進めるだけで良いようになっているんですが、2012/10/25現在それを進めようとしてもエラーになります。日米双方のアカウントで書籍の購入履歴があると駄目なようです。

なので
https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/contact-us
からカスタマーサービスにつないで以下のように選択しましょう。



手続き自体はコピペが楽なチャットがおすすめです。
オペレーターの方に
  • Amazon.comで登録しているメールアドレス
  • Amazon.comで登録している名前
  • Amazon.comで登録している住所
の確認をとってもらった後で結合手続きを行うことになります。
簡単ですね。





ちなみに今回の本題は

アマゾン日米アカウント結合後
「Amazon.comからは書籍が購入できない」

という情報についての検証です。



この話を耳にしたとき脊髄反射で「なにそれ不便」と感じたのですが、
カスタマーサービスの方にまで念押しされたので「もう駄目だ」と思いました。

が、ふとアカウント統合後に再び以下アドレスから「詳しくはこちら」をクリックすると
https://www.amazon.co.jp/gp/digital/fiona/manage#cor
こんな画面が出るではありませんか。


……あれなんかいけそうじゃね?




遷移する画面に従ってクリックを繰り返すと



ドル建てでAmazon.comのkindleストアが利用できる
やったー

でも
Amazon.co.jpのkindleストアで書籍購入ができなくなった
やだー


※一応この後下記に接続すると元に戻せるようになります。
https://www.amazon.com/gp/digital/fiona/manage#cor




ええ、つまりこういうことです。
  1. 日米それぞれのkindleストアで購入した書籍がアカウント結合によって共有される。
  2. 結合後はcomとco.jpのどちらかのアカウントでしかkindleストアで本を購入できなくなる。
  3. もし他方のkindleストアの書籍を購入する場合切替作業が必要となる。
俺は面倒が嫌いなんだ!

2012年9月5日

Google+の移行ツール

7月末あたりに「Google+で培ったサークルなどの交友関係を丸ごと別のアカウントに託す」ツールが公式リリースされていましたので今更利用してみました。
公式アナウンスではいわゆる「移行ツール」と呼ばれていたものですが、
これでググるとGoogle+以外の記事が出てきて煩雑ですので簡単にまとめてみました。

https://www.google.com/takeout/
実際のお手続きは上記データエクスポートのURLから。



試したのは

Googleアカウント → Google Appsアカウント。

※この逆やGoogleアカウント間、Google Appsアカウント間でも同じ作業

実行するとサークル情報がそのままコピーされる他、
自分をサークルに入れてくれている人の情報が、移行先の自分のアカウントの情報に書き換わるので気取られることなく別のアカウントを利用できるという仕組み。

ただし移行に関わる二つのアカウントのIDは据え置きで変更になりません。
なので、gplus.to などのURL短縮サービスを利用される場合は改めて別のものを取得しなおす必要があります。
またこの作業を終えると半年経過するまで同作業が行えなくなりますのでご留意ください。
なお詳しい転送手続きにおける仕様につきましてはこちらをご参照のこと。


※マルチログイン中はこの作業ができませんので開始前に一旦ログアウトしてください。

それでは改めて手順のご確認。
https://www.google.com/takeout/
データエクスポートのURLを開いたら
「Google+ コネクションを別のアカウントへ移行」をクリックします。



するとログインを求める画面がでますので、ここで移行元になるアカウントにログイン。
「Google+ サークル転送ツール」のURLへ飛ばされます。
うまくいったら下記画像の緑枠内が移行元のアカウントになってるはずです。
それでは引き続き赤枠内の移行先のアカウントにログインしましょう。


移行前・後のアカウント双方のログインが済むと下の画像のような画面が出て、
本当に作業を行ってよいのか確認があります。
手続きから一週間後に転送作業が行われ、
作業が開始するとおよそ48時間は以下の操作ができなくなるという旨です。

  • Google+ でコンテンツを共有する
  • サークルのユーザーを追加、削除する
  • ユーザーをブロック、無視する
躊躇うことなく同意して先へ進みましょう。
そうすると「こんな作業行うのでよろしくねッ!」という旨の画面が出てきますので手順は終了です。

ちなみに「移行キャンセル、BBBBBBBBBBBBB」
という思いに駆られた場合、一週間経過するまでは取り返しがつきます。
落ち着いてGoogle Plusのトップへ行きましょう。
下方にこの画像のような確認文言が出現していますので、
「転送をキャンセル」を押せばよろしいかと。

転送ってこわいですからね、下手すると間にハエが混ざって合体しますから。